トップ > 授業一覧 > 【募集終了】[サイエンス]航空力学〜キット付き〜電動紙飛行機づくり! 5,000円

【募集終了】[サイエンス]航空力学〜キット付き〜電動紙飛行機づくり! 5,000円

7月29日(金)17時30分~18時30分
オンライン(ZOOM)

こんなことを学びます

◆授業内容
今回は『飛行機の飛び方』『パイロット』ついて、『電動紙飛行機』工作を通して学んでいきます。

作成する飛行機は、充電すると長い間飛行することができる本格的な『電動紙飛行機』です。

 

◆動画:1分2秒〜長時間飛行の様子をご覧いただけます。

 

 

小学館発行大人の逸品2021秋号で編集長認定されました!

コンデンサーやモーターが搭載されてます!

完成したら大空に飛ばしてみましょう!

完成した電動紙飛行機はめっちゃ飛ぶ!

 

なんと講師は元パイロットの先生。飛行機操縦のプロである『パイロット』から、本格的な『航空力学』を学ぶことができます。

▼元パイロットの水野教官!総飛行時間は2,000時間以上!▼

『どうして飛行機は飛ぶの?』『パイロットはどんなことを考えながら操縦しているの?』など、
飛行機に関することをたくさん考えます。

今回の目標は『電動紙飛行機の制作を通して、飛行機の飛ぶ仕組みやパイロットという職業について知ること』です。

『飛行機は空を飛ぶ乗り物であること』であることは、皆さんご存知です。
今回は、自分の手で工作をして、『飛行機模型』を飛ばします。
工作をしながら、『なぜ飛行機は、このような形なのだろう?』『なぜ翼が要るのだろう?』
と考えてみてください。

作製する模型は、実際に空を飛んでいる飛行機に近いものです。
つまり、普段何気なく体感している『飛行機の科学の謎』を、改めて解き明かすことができる授業です。
飛行機の基本原理を盛りだくさんに学べます。

◆『電動紙飛行機』を通じて、航空力学の原理、パイロットの頭の中を覗く
科学は日常に溢れているため、わざわざ勉強しないと体験できないような珍しいものではありません。
しかし、科学現象が起きる理由については、あまり考える機会がないのではないでしょうか?

航空力学を理解し、飛行機を操縦しているパイロットは、いつもお子様の憧れの職業です。

▲パイロットは、どうやって飛行機を飛ばしているんだろう?

担当講師

(水野教官)水野宏一先生

講師紹介

未来のパイロットを育てる「株式会社エディックス」

https://www.edics.biz/


概要

1985年 学校法人日本航空学園 入社

操縦教官としてパイロット育成 総飛行時間2,000時間以上

2006年 同学園 日本航空大学校 副学長

2012年 内閣府認定公益財団法人 日本航空教育協会 専務理事

2017年 J A Aドローンパイロットスクール設立

2018年 J A Aドローンパイロットスクール認定団体登録

2020年 3月定年退職

2020年 12月 株式会社エディックス代表取締役社長に就任

受講する際は以下をお読みください

◆授業料: 5,000円(税抜)

◆持ち物
・授業日までに配送する教材(機体、設計図など)
※ご希望の場合には、複数個のご購入が可能です

・筆記用具
・ハサミ
・ニッパー
・まち針×2本
・ピンセット
・つまようじ
・木工用ボンド(速乾性)  
・セロハンテープ
・両面テープ
・ホッチキス
・厚紙
・単3電池×2個

★授業日までに、オリジナルワークシートをメールにてお送りいたします。
ぜひ、事前にダウンロードしてご参加ください♪

◆開催場所
・オンライン(ZOOM)

◆定員
限定15組まで
(1組=1家族。兄弟でご参加もOK)

◆注意事項
・対象:小学校1年生以上~
・本講座は、保護者の同伴が必須となります。
・『予約へ進む』よりご予約後、弊社から『決済』『配送先のご住所入力』案内をお送りいたしますため、
7月21日(木)中までに決済、ご入力をお願いいたします。
※期日までに決済、ご入力が確認できない場合、配送準備等の関係でご受講が難しくなっております。

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com