トップ > 授業一覧 > [博物館]ドイツのクリスマスってどんなもの?エルツおもちゃ博物館・軽井沢:冬の特別授業!

[博物館]ドイツのクリスマスってどんなもの?エルツおもちゃ博物館・軽井沢:冬の特別授業!

12/23(金) 15:00~16:00
オンライン(ZOOM)

こんなことを学びます

みんな大好き冬のイベント!

今回はドイツのおもちゃを展示している、「エルツおもちゃ博物館・軽井沢」がドイツの「クリスマス」に関した特別授業を行います!

▼ドイツのクリスマスマーケット

 

***オンライン館内ツアー***

まずは「エルツおもちゃ博物館・軽井沢」館内ツアー!

博物館がある軽井沢から学芸員がオンラインで、館内にあるドイツのクリスマスに関する木工おもちゃをご紹介。

「クリスマスマーケット」やクリスマスの準備期間「アドヴェント」など、ちょっと珍しいドイツのクリスマスの文化についても、クイズを交えながら説明します。

▼ジオラマ

また、エルツ地方ではどうして木工おもちゃを作るようになったのか?その歴史も解説します。

▼鉱山で働く人たちが木工おもちゃを作った!?

 

またエルツ地方を代表する「くるみ割り人形」にも歴史があるのをご存知でしょうか。

少し怖い顔をしている「くるみ割り人形」、学芸員が解説いたします。

 

▼くるみ割り人形

 

***木工おもちゃの実演***

館内ツアーの後は、

エルツ地方の伝統的な木工おもちゃ、「くるみ割り人形」「パイプ人形」「クリスマスピラミッド」などを実演します!

 

おもちゃの使い方や、ちょっとしたエピソードなどもご紹介。

実際に動くおもちゃを見てワクワクしよう!

 

▼実演のおもちゃ

 

***エルツおもちゃ博物館・軽井沢とは?***

職人によって生み出される

300年以上の歴史を持つ伝統工芸のおもちゃ。

エルツおもちゃ博物館・軽井沢は、1998年4月にムーゼの森敷地内に開館しました。ドイツ・エルツ地方に伝わる木工おもちゃや、ヨーロッパを中心とする良質な知育玩具を収集・展示しています。

ドイツ人の質実剛健で伝統文化に対する誇りと、マイスターから生み出させる感性豊かな巧みの技術は日本における民族文化とも通じ、国や地域を超えたモノ作りの精神性は共通でできるものと考え、開館いたしました。

 

***想像力を養おう!***

ジオラマを見て、ドイツの「クリスマス」のことを想像してみよう!

実際のおもちゃを見ることによって「どういうふうに動くんだろう?」と考えることができます。

また、実演を行うので動き方について確認することができます。

 

***エルツおもちゃ博物館・軽井沢に行こう!***

今回はオンラインツアーですが、軽井沢に行く機会があったら

ぜひ足を運んでみてください♪

エルツおもちゃ博物館・軽井沢はコチラ

受講する際は以下をお読みください

【持ち物】
特にございません♪

【場所】
・オンライン(ZOOM)

 

【注意事項】

メールの設定によりこどハピからのメールが届かないケースがございますため、恐れ入りますが、『reserva.be』というドメインを受信できるよう、メール設定をお願いいたします。

・推奨年齢:小学生以上
・保護者の参加必須

状況や人数により、全体進行を優先させるため、
講師以外は『ミュート設定』『チャットでのコメント不可』となる場合がございます。

・状況により、最後の5分間程度『質問タイム』を設ける場合がございます。

・ご質問は、制限時間以内で受け付け可能な人数のみの対応となります。

・なるべく多くのお子様とコミュニケーションを取るために、
質問はお1人様1問までとさせていただく場合がございます。

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com