トップ > 授業一覧 > [絵画/工作]色鉛筆画家に学ぶ<クリスマスの風景>の描き方講座 無料

[絵画/工作]色鉛筆画家に学ぶ<クリスマスの風景>の描き方講座 無料

12/16(金)17:00~17:45
オンライン(ZOOM)

こんなことを学びます

◆授業概要

メリークリスマス!今回は、色鉛筆で<クリスマスの風景>の描き方を学びます!

授業の目的は、自分の想像するクリスマスの風景(クリスマスパーティーやサンタクロース、クリスマスツリー)など形や奥行きなどの描きわけなど「描く力」と、創造力や「見る力」[観察力]を鍛えていきましょう

自分の好きなクリスマスの風景を一枚の紙に表現し、是非一緒にクリスマスを楽しくお祝いしましょう!

 

色鉛筆画の特徴
色鉛筆画は名前の通り、色鉛筆を画材にして描かれた絵のことです。

①先ずはお手本を、画用紙の「この辺りに、これくらいの大きさで描こう!」と決めます。
そして、お手本の形を軽い筆圧で、大まかにデッサンして描いてみます。
この作業を『構図を取る』と言います!

 

②お手本の形が大体一通り描けたら、必要の無い線は全て消しゴムで綺麗に消してきれいにします。
その後、色を軽く置いて、全体の様子(形、色、陰影の配置、構図全体のバランス)を一度確認してみます。

 

 

③全体の構成が決まったら、実際に色を塗ってみましょう。
陰影や色の濃淡をつけることによって、更にリアルさが増します!

 

授業ではプロの講師が、一人一人に上手く描くコツや、アドバイスなどを教えながら進めていきます。

 

***実際に授業へご参加された方の声***

◆陰を付ける際の色の使い方や、輪郭線のぼかし方などを分かりやすく教えていただきました!(親御様)

◆受講生一人ひとりのレベルに合わせて指導いただいたので、授業についていきやすかったです。

◆説明が分かりやすく、褒めるだけではなく足りない点も教えていただきました。他の絵を描く時にも応用していけそうです!(親御様)

********************

 

◆身につく力
デッサンをすると形や奥行きなどの描きわけなど「描く力」と、 実物を紙に表すための違いを発見する[見る力][観察力]が鍛えられます!
また、鉛筆を使ってデッサンするため、鉛筆の持ち方の練習にもなります♪

担当講師

則武 千鶴先生

この教室では色鉛筆を使った絵画教室です!

日常でよく見かける野菜や果物、お花などを、濃淡やた多色を用いて表現します。

絵を描くコツを抑えるだけで、格段に上達することができますよ!

ぜひ絵を描くことと向き合ってみよう♪

【ご活動】

atelier Sen(アトリエ・セン)

https://atelier1000.com/

受講する際は以下をお読みください

◆持ち物
・白い紙
・色鉛筆

◆場所
・オンライン(ZOOM)

◆注意事項
※ご不明点はお問い合わせください。
※メールの設定によりこどハピからのメールが届かないケースがございます。『kodohapi.com』『reserva.be』というドメインを受信できるよう、メール設定をお願いいたします。

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com